無料で使える、マインドマップソフトの「XMind」がとても優秀

xmind

みなさん、マインドマップを使って仕事していますか?
マインドマップは、トニー・ブザンが開発した思考法、発想方法で、アイデアや情報を、まるで脳のシナプスを繋げていくように図に書いていくやりかたです。

マインドマップを使っていない人は、損をしてるかも

マインドマップは、アイデアを練る時だけじゃなく、お客様との商談内容をまとめたり、会議の内容をまとめたり、色んな使い方ができます。学校教育にも取り入れているところもあって、素晴らしいと思います。
実際、私もマインドマップを多用していて、もはやこれなしではアイデアをまとめることができません。

マインドマップイメージ

マインドマップの一例(Wikipediaより)

マインドマップは、基本的には「手書き」で書きます。
書き方は自由で、まずは発想のテーマを中心に書きます(セントラルイメージ)。そして、そのテーマから発想される、ありとあらゆる言葉をどんどんつなげていき、発想を広げていきます。
この時、できるだけ色鮮やかに、カラフルに、イラストも入れながら楽しく書いていきます
すると、不思議です。一見、ごちゃごちゃに見えるマインドマップが、ノートに整然とメモされたものよりも、はるかに頭に残るし、情報を整理しやすいのです。
ほんとに不思議なんですが、マインドマップは、「脳」の構造によく似ているからなんでしょうか。

マインドマップを知らない人は、損をしていると思いますよ。
それほど、「使える」ツールだと思います。

マインドマップソフトの「XMind」がとても優秀

マインドマップは、基本は手書きですが、マインドマップ用に便利なパソコンソフトがたくさん出ています。
パソコンでマインドマップを書く利点は、「いくらでもやり直し」が効くこと。紙面の制約がないので、いくらでもアイデアを広げられること。発想した「言葉」を、移動させたり、挿入したりするのが簡単にできること、などが挙げられます。

で、ほんとに色んなソフトがあるんですが、私が使っているのが「XMind」というソフト。
これ、無料で使えるんです。
有料版もあるんですが、無料版で十分に使えるので、オススメです。

ここからダウンロードできます。
人気ランキング No.1のマインドマップソフト XMind

ソフトを立ち上げると、以下のような初期画面が出てくるので、好きなテンプレートを選んでください。
XMindの初期画面

使い方はとても簡単。
トピックの枝を増やすのは、トピックを選択して「tab」キーを押すだけです。

xmind3

選択した状態で、「tab」キーを押すと、
xmind4

サブトピックが追加されます。
同じトピックで、サブトピックを追加したい時は「Enter」キーを押すと、

xmind5

こんな感じで、サブトピックが追加されます。

ほんと、すごく便利にアイデアをまとめられます。
エクセルやワードでアイデアをまとめるよりも、数段速く、しかもどんどんアイデアが出てきます。
オススメなので、是非体験して下さい。

ちなみに私は、Webサイトの設計に使うことが多いです。
ただ、この手のマインドマップソフトと手書きのマインドマップを比べると、「頭に残る」のは、手書きなんですね。
なので、手書きとPCと、仕事や場面に応じて使い分けるのがベストだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする